疲れ目 サプリ

やはり疲れ目対策が重要

パソコン作業での疲れをためない方法を紹介してきましたが
やはり、私自身、一番重要視しているのは疲れ目対策です。
ですので、今回は疲れ目の対策をまとめてみました。

 

モニターの距離・角度

パソコン作業するあたって、見続けなければならないパソコンのモニター画面。
まず、モニターからの距離ですが50〜60cmはとっておくべきです。
そして角度ですが若干見下ろす角度が目の疲れ対策として有効です。
角度に関してはご自宅のテレビも同じで、見下ろす角度がいいようです。

 

休息が重要

とにかく長時間座る、という状態自体がよくないわけですので
60分〜90分に一回は必ず休憩の時間をとること。
休憩時間はたった10分でいいのですから。

 

休息時間にストレッチ

毎回でなくてもいいですので
ストレッチすることを心がけましょう。
ストレッチは皆さんご存知のラジオ体操が有効です。
座ってやっても大丈夫ですよ。
※ストレッチをしない休息時間はなるべく椅子からはなれ、
立つ(歩く)ことがいいでしょう。

 

栄養補給が大事

パソコン作業を職業としている以上、
万全の態勢で仕事ができる状態でいることがプロです。
プロである以上、しっかり体をケアしておかなければなりません。

 

とくにパソコン作業において、酷使しているのが目でしょう。
疲れ目の状態が続くと、視力低下からはじまり、あらゆる病気に発展していく恐れは十分にあります。
ですので、私は、常に目の栄養補給としてブルーベリーアイというブルーベリーサプリを飲んでいます。
ブルーベリーアイにはアントシアニンをはじめ、たくさんの栄養素が入っており、
例えばドライアイを助けるヒアルロン酸、血液の流れをよくするビタミンE、PCのモニターや紫外線などから目を守ってくれる役割のルテイン、
その他ラクトフェリンやギャバ、イチョウ葉エキス、コエンザイムQ10などといった成分が疲れ目を和らげてくれます。

 

さて、私はこのような対策を続けることによって、今日も元気にパソコン作業ができています。
繰り返しになりますが
パソコン作業を職業としている以上、体の不調がないよう、日々、自分自身で対策しておくこと、
それは私達パソコンを使うプロフェショナルとして当たり前のことなのです。

 

 

パソコン作業で疲れをためない方法4|疲れ目対策まとめ関連ページ

パソコン作業で疲れをためない方法1|休憩方法
疲れ目といえばブルーベリーサプリ。そして私が実践しているパソコン作業で疲れをためない方法を紹介します。
パソコン作業で疲れをためない方法2|作業環境
疲れ目といえばブルーベリーサプリ。そして私が実践しているパソコン作業で疲れをためない方法を紹介します。
パソコン作業で疲れをためない方法3|ストレッチ
疲れ目といえばブルーベリーサプリ。そして私が実践しているパソコン作業で疲れをためない方法を紹介します。